TOP » 知っておきたい体臭のQ&A » 40度のお湯で効果を発揮!体臭がついた衣服の洗い方

40度のお湯で効果を発揮!体臭がついた衣服の洗い方

正しい手順で洗濯すればしつこい体臭も落とせます。

たくさん洗剤を入れたからといって落ちるわけではありません。場合によっては、柔軟剤の香りでごまかされているのかも?!

40度のお湯+◯◯で体臭を落とす方法

washing machine

40度のお湯と合わせて使用したいアイテムと、洗い方の手順をご紹介します。

体臭がついてしまった衣服を洗う際に試してみてください。

「重曹」+40度のお湯

  1. バケツに40度のお湯と1/2~1カップくらいの重曹を入れ、混ぜて溶かす
  2. 体臭のついた衣類を2~3時間つけておく
  3. 取り出したあと、いつもの洗剤に重曹1カップを加えて洗濯する(重曹は洗う衣類の量によって調整しましょう)

掃除にも役立つ重曹は、皮脂やタンパク質の分解に効果があります。
汗などの酸性物質を中和するためニオイの元を消してくれるのです。排水口のニオイ消しにも使われていて、ドラッグストアなどで手に入ります。

「漂白剤」+40度のお湯

漂白剤につけるときも、40度のお湯を使用してください。
1.つけおきする前に衣類をよくもんで、漂白剤とからめておく
2.そのまま翌朝まで置き、漂白剤の液ごと洗濯機に入れて40度のお湯で洗う

なぜ40度のお湯が最適なのか?

人肌よりも少し熱いくらいの温度は一番汚れ落ちがよいのです。
あまりにも高温のお湯だと洗濯機によっては故障の原因になることもあります。ただ厳密に40度を計る必要はなく、38~40度のお風呂の残り湯で構いません。

お風呂の残り湯を使えばちょうど40度くらいですが、雑菌の繁殖も心配なので、絶対すすぎには利用しないでください。また、家族みんなが使ったお湯は汚れているため、髪の毛やゴミなどが浮かんでいたら取り除いてから使うようにしましょう。

「洗う」だけじゃダメ!衣類についた体臭への対応

洗うだけでは衣服についた体臭がとれない場合もあります。
洗濯後の乾かし方や洗濯機のお手入れ、さらに体臭そのものも改善できるかもしれません

洗い終わったらすぐに干す

乾燥機のついている洗濯機もありますが、そうでない場合は衣類を洗濯物の山に放置しないでください。
そのままにしておくと雑菌が繁殖して、生乾きの嫌なニオイが残ります。そうなると落ちきらなかった体臭は、ますます不快な原因の元になるので気をつけましょう。

洗濯機を洗う

洗濯槽の裏側には雑菌やカビがついています。
それも要因の一つになってしまうため、洗濯機も2~3ヶ月に一度は洗浄しましょう。機種によっては、樽洗浄や樽乾燥という機能があるはずです。

ドラッグストアで洗濯槽用の洗剤が売られているので、素材を確かめてから対応しているものを選んで説明書きどおりに洗濯してください。ニオイの原因となった汚れを排出できます。

生活習慣を改善して体臭を緩和

睡眠不足が続くと疲れがとれないのでしっかりと熟睡しましょう。
疲れが緩和すれば体臭も薄まってきます。よく「睡眠時間は長いから大丈夫」という人もいますが、眠りが浅い場合は良質な睡眠をとれているとはいえません。
寝る前のスマートフォンやPCは避け、刺激の強いものはなるべく控えてください。ホットミルクや生姜湯などを飲んで体を温めると、ぐっすり翌朝まで眠れます。

サプリメントを飲んでみる

体臭に効果のあるサプリメントも利用してみましょう。
「そんなものに効果はない」「サプリメントを飲むことに抵抗がある」そんな旦那様もいますが、少し試すと効果の大きさを感じてもらえるかもしれません

Copyright (C)気になるニオイを撃退!体臭サプリメントなび All Rights Reserved.