TOP » 知っておきたい体臭のQ&A » 病気からくる体臭もあるってホント?

病気からくる体臭もあるってホント?

病気が原因で体臭がきつくなるケースとその対処法について紹介していきます。

病気が原因で体臭がきつくなることがある

アンモニアの臭い、甘い臭い、生臭い、おならや便の臭いがきついなど、身体からこれまでとは違った臭いを発するようになった場合、何らかの病気が潜んでいる可能性がありますので、念のため医療機関で検査を受けることをお勧めします。

また、医療従事者の話によると、病気を発症している方には独特の体臭があるとのことです。

例えば、糖尿病を発症している方の身体からは甘い臭いがします。

糖尿病になると血糖値が高くなり、糖をスムーズにエネルギーに変えられなくなります。そして、糖を代謝するために、体内の脂肪酸を利用しようとしますが、このときに、ケトン体が作られます。このケトン体が甘いにおいを発するのです。

糖尿病は、初期症状がなく、発見が遅れがちになりますが、唯一の初期症状がこの甘い体臭と言われています。もし、身体から甘い臭いを発するようであれば、病院で検査を受けるようにしてください。

身体からアンモニアの臭いがするとき

腎機能が低下すると、アンモニアの処理が正常に行われず、汗と共にアンモニアが排出されます。そのため、身体からアンモニア臭を発することがあります。

この場合、単に疲労が原因で体臭を発することもありますが、高血圧、糖尿病、感染症、腎臓病などを発している可能性も考えられます。

特に、腎機能の低下をそのまま放っておくと、腎不全になることもありますので、身体からアンモニアのにおいがする場合は念のため病院で検査を受けてください。

便やおならが臭くなるのはなぜ?

腸内環境が悪くなると、腸内で悪玉菌が増加し、悪臭を放つようになります。そのため、便やおならの臭いがきつくなることがあります。

また、近年は、過敏性大腸炎(IBS)を発症する方も多くなっているようです。この場合、腸内にガスが溜まりやすく、きつい臭いのおならが頻繁に出るようになります。

この場合、植物エキス系の体臭サプリをお勧めします。植物エキスのサプリは、腸に届けられて、臭いを中和する働きがありますので、便やおならの臭いの解消に高い効果を発揮します。

Copyright (C)気になるニオイを撃退!体臭サプリメントなび All Rights Reserved.