TOP » 知っておきたい体臭のQ&A » 体臭と加齢臭はどう違うの?

体臭と加齢臭はどう違うの?

体臭と加齢臭の違い、男性と女性の加齢臭のあらわれ方の違いについて紹介していきます。

加齢臭と体臭の違いとは?

体臭も加齢臭も身体からにじみ出るニオイですが、体臭は汗腺から出る汗が臭うのに対し、加齢臭は皮脂腺で作られるノネナールが原因で発生します。

汗のにおいは年齢に関係なく誰にでも発生します。特に、身体を不潔にしていると、汗と雑菌が混じり、嫌なニオイを発するようになります。

一方、加齢臭は、身体を清潔にしていても、古本や青チーズのようなニオイを発します。40歳前後になると、皮脂腺から分泌する脂質の量が多くなります。この脂質が酸化することでノネナールが発生し、加齢臭を発するようになります。

加齢臭を解消するにはどうしたら良い?

体臭はお風呂で身体を洗うことで解消できますが、加齢臭は身体を清潔にしたからと言って予防できるものではありません。加齢臭を予防するには、身体の酸化を抑え、ノネナールの発生を阻害することが大切です。

まずは、ウォーキングや水泳など、有酸素運動を習慣づけることで、身体の酸化を抑えることができます。また、食生活に関しては、脂肪分を控えめにし、野菜や果物からビタミンやミネラルをたっぷり摂取することをお勧めします。

さらに、睡眠不足やストレスは、体内で活性酸素が増加する要因となりますので、睡眠を十分に取り、ストレスを溜めこまない生活を心がけることも大切です。

加齢臭に男女の違いはあるのか?

加齢臭ときくと、中年の男性というイメージがありますが、性別に関係なく、一定年齢になると身体が酸化しやすくなるのです。

女性でも、40歳ぐらいになるとノネナールを発するようになりますが、男性の方が皮脂の分泌量が多い傾向にあるため、脂質が酸化しやすいことは事実です。

また、女性のホルモンには酸化を抑制する働きがあるため、同年代の男性に比べると、女性は臭いが少ないようです。

女性と男性では衛生に対する意識に差があり、女性はメイクや香水で匂いに気を使ったり、下着や衣類をこまめに着替えることからも、臭いが抑えられているのではないかと考えられます。

しかし、閉経後には女性ホルモンの分泌量が減少するため、女性でも高齢になると加齢臭が強くなる可能性があります。

Copyright (C)気になるニオイを撃退!体臭サプリメントなび All Rights Reserved.