TOP » 正しい体臭サプリメント選びのヒント » どの臭いにどんなサプリがいいの? 体臭の種類と原因を知ろう! » 加齢臭

加齢臭

50代を過ぎると本格化する加齢臭

加齢臭は、30代半ばから少しづつ発生するようになり、50代を過ぎると本格的に臭うようになるニオイです。胸や背中などの体幹部を中心に、皮脂成分が酸化することで発生。ぷん…と漂ってくるそのニオイは、枯草をイメージさせます。ちなみに、「加齢臭」という言葉は、資生堂の研究チームが作った言葉です。

加齢臭の原因

加齢臭の原因物質は、ノネナールです。皮脂腺から分泌された皮脂が酸化してニオイを発生させますが、年齢が上がる程ニオイが強くなるのは、皮脂に含まれているパルミトレイン酸によるもの。パルミトレイン酸は加齢によって増加し、それが酸化して2-ノネナール臭を発生させるからです。

ただ、パルミトレイン酸だけでなく、9-ヘキサデセン酸がノネナールを発生させるといった事も言われています。化学的に見て正式にいうとなると、後者の9-ヘキサデセン酸の方がとられることが多いようです。この9-ヘキサデセン酸は、若い人にはほぼ存在しない身体の老化に伴って皮膚上に増えてくる物質。皮膚上に生息する常在菌が分解、もしくは過酸化脂質により酸化されることでノネナールを発生させるのです。

どちらにしろ、皮脂成分が酸化されることで加齢臭が発生。対策としては、消臭成分の配合された防臭効果のあるボディペーパーでこまめに皮脂を拭き取ったり、専用のボディーソープを使うのがおすすめです。特に背中は要注意!洗い残しがあると、そこからニオイが発生していくことになりかねません。また、衣類には蓄積されやすいので、洗濯は欠かさず、日中の気になる時は衣類用の消臭スプレーを使用するとよいでしょう。

加齢臭を抑えるなら消臭成分や抗酸化物質を含むサプリメントを

加齢臭対策としてのサプリメントでは、消臭成分や抗酸化物質が含まれているタイプがおすすめです。消臭力が強い成分としては、柿渋や茶葉、鉄クロロフィリンナトリウム、複数植物エキス配合によるフィトンチッドが挙げられます。特に有効なのが、カテキンやタンニンといったポリフェノールが豊富に含まれている柿渋と茶葉。これらはニオイ物質を中和させて無力化、さらに高い抗酸化作用でノネナールの発生を抑えてくれるのです。また、活性酸素による細胞の酸化を抑える抗酸化物質には、他にもビタミンCやビタミンE、コエンザイムQ10・リポ酸、カロテノイドであるアスタキサンチン・β-カロテンなどのビタミン様物質がおすすめです。

消臭成分をメインとしたサプリメントでは消臭成分でニオイを消すことに特化しており、数日や数週間で効果を実感できるものも。抗酸化物質をメインとしたサプリメントでは消臭力は弱いですが、加齢臭の改善にはとても有効だと言われています。どちらにしても継続する事に意味があり、摂取を止めたとたんにニオイが元通りになる事もあるので注意が必要です。

Copyright (C)気になるニオイを撃退!体臭サプリメントなび All Rights Reserved.