TOP » 正しい体臭サプリメント選びのヒント » どの臭いにどんなサプリがいいの? 体臭の種類と原因を知ろう! » 男脂臭・ミドル脂臭

男脂臭・ミドル脂臭

30~40歳代男性に多い「ミドル脂臭」とは?

年齢が上がるにつれて気になる、汗のニオイ。同じ汗でも年代によって異なり、10代半ばから30代半ばまでの男性から発生する汗は一般的なものであり、30代半ばから50代半ばになると一般的な汗のニオイにミドル脂臭と呼ばれるものが加わり、さらには加齢臭も次第に強くなってきます。

50代半ばを過ぎると、ミドル脂臭が抑えられて加齢臭が強く臭うようになります。

「ミドル脂臭」匂う原因は?

加齢臭に続いて新たに耳にするようになったミドル脂臭とは40代特有のニオイのことで、その原因はジアセチルと呼ばれるもの。

ミドル脂臭の原因物質であるジアセチルは、頭皮にいるブドウ球菌が汗に含まれている乳酸を代謝・分解することで発生します。

匂いをさらに強くしているのは「皮脂」

乳酸がピルビン酸に、そしてアセトインになった先にあるのが、悪臭を発生させるジアセチル。しかも、皮脂(中鎖脂肪酸)がさらにそのニオイを強くするのです。

他の匂いとの違いは「気付かれやすさ」

ジアセチルは加齢臭の原因である2-ノネナールに比べてニオイが格段に広がりやすく、口臭や足臭よりも周囲の人に気が付かれやすいという厄介なもの。枯草のようなニオイがする加齢臭とは違い、ミドル脂臭はまるで古いアブラのようなニオイ。発生場所も加齢臭は体幹部や背中が多いのに対して、ミドル脂臭は後頭部や首のあたりと、両者はまったく異なるニオイと性質を持っているのです。

40代は特に気を付けたい!その理由とは

加齢臭は30代半ばから次第に強くなり50代以降はかなり目立つようになるのですが、ミドル脂臭は30代半ばからどんどん強くなり、40代をピークにその後は減少していきます。つまり、40代は一般的な汗のニオイ、ミドル脂臭、そして加齢臭と3種類のニオイが混在している最悪の年代なのです。

女性は男性よりも体臭に厳しい

多数のデオドラント製品を販売している株式会社マンダムでは、体臭についての研究にも力を入れています。25~54歳の働く男女を対象に、男性の体臭についてのアンケートを実施。そのアンケートでは、男性よりも女性の方がニオイに敏感であり、不快感を強く表しやすい…といった結果が出ています。

一般的な汗・ミドル脂臭・加齢臭において、どのニオイが不快感が高いかと言えば、それはミドル脂臭。逆にあまりニオイを感じなかったのが加齢臭であり、その強さはミドル脂臭よりも低い事が判明しています。一般的に「くさい」と言われる加齢臭ですが、実際に嗅いで見るとそこまで不快に思う事はないのですね。

不快指数の高さは?

不快感についても加齢臭は低く、ミドル脂臭は「許せない」「我慢できない」と不快指数が高くなっています。特に女性は男性よりも厳しい評価を下しており、若い女性ほど「許せない」程の強い不快感を感じているようです。つまり、50代から本格化する加齢臭よりも、40代で本格化するミドル脂臭のほうが、周囲に人から冷たい目で見られている…といった結果がうかがえるのです。

この結果からも、30代を過ぎたら汗臭のケアは必須。不快感を与えるだけでなく、すべてにおいてマイナスな印象を与えてしまいますから、同じ空間にいる人に不快感を与えないレベルには取り組んでおきたいものです。

ジアセチルの発生を抑えるフラボノイド含有植物エキス

ミドル脂臭を抑えるには、その原因物質・ジアセチルを抑制する成分の摂取が挙げられます。

それには、カンゾウやケイヒなどのフラボノイドを含有する植物エキスが有効。菌数を減らしていくわけではないのですが、ジアセチルの発生を抑える事が期待できます。乳酸、ピルビン酸、アセトイン、ジアセチルと進化していく過程において、ピルビン酸への代謝スピードを遅くし、菌体内へ取り込まれないようにも抑えることで、ジアセチルの発生を防いでいるのです。

そんなフラボノイド含有植物エキスの摂取には、サプリメントがおすすめです。ミドル脂臭対策のためのサプリメントを探すときは、カンゾウやケイヒなどのフラボノイドを含有する植物エキスが配合されているかどうかをチェックしておくといいでしょう。

Copyright (C)気になるニオイを撃退!体臭サプリメントなび All Rights Reserved.