TOP » 【特集】女性の体臭・加齢臭 » 頑張る女性に「ストレス臭」?体臭の原因と対策を解説

頑張る女性に「ストレス臭」?体臭の原因と対策を解説

体臭には汗臭やワキガ、加齢臭などいろいろな種類がありますが、中でも現代人に増加しているのが「ストレス臭」です。

特に仕事に家事に育児にと日々頑張っている女性の間で、ストレス臭に悩まされる人が増えていると言われています。

少し前までは耳慣れなかった言葉ですが、そもそもストレス臭とはどんなものなのでしょうか?

ストレス臭ってなに?原因や症状を解説

ストレス臭という言葉を見聞きするようになったのはここ数年のことで、世間での認知度は未だ低い傾向にあります。ここではストレス臭の基本的な情報をまとめてみました。

ストレス臭の原因は慢性的なストレス

ストレス臭はその名の通り慢性的なストレスを抱えることによって起こる症状です。

ストレス社会と言われる現代では、多かれ少なかれ誰もがストレスを抱えているものですが、中でも頑張る女性は仕事・家事・育児と三足のわらじを履いているケースも多く、ストレスの量はかなり多め。

こまめにストレスを発散していれば問題ありませんが、毎日仕事や家事、育児に追われる女性はストレス解消の時間も満足に取れません。

その結果、ストレスがどんどん蓄積してしまい、ストレス臭を発散する原因となります。

ストレス臭の発生と自律神経の乱れには密接な関係がある

ストレスは万病のもとと言われており、さまざまな疾患の原因となりますが、中でも体臭と密接な関係があるのが自律神経の乱れです。

自律神経は汗腺や皮脂腺のはたらきを調節する役割を担っているのですが、ストレスを受けると中枢機能が低下し、自律神経に不調を来してしまいます。

自律神経がうまく働かないと多汗や皮脂の過剰分泌が発生。汗自体は無臭ですが、雑菌が繁殖したり脂分が混ざったりすると強烈な臭いを生み出すようになり、ストレス臭につながってしまいます。

参考:『高齢者の体臭について』堀 田 晴美
https://www.jstage.jst.go.jp/article/transjtmsj1972/56/11/56_11_P448/_pdf

ストレス臭の症状

ストレス臭はにおいの原因によって症状が異なります。汗のせいで雑菌が繁殖した場合、汗臭やワキガと同じような酸っぱい臭いがします。

一方、皮脂の過剰分泌が原因の場合、食べたもののにおいが皮脂に混ざり合って体外に排出されるので、ストレス臭は摂取した食べ物によって異なります。甘ったるい臭いがするかと思えば、飲み残しのコーヒーのような酸化臭がすることもあり、日替わりで臭いが変化するという人も多いようです。

ストレス臭対策に効果的な3つの方法

体臭は自分では気づきにくいものですが、そのぶん周囲を不快にさせてしまう可能性大。最近、仕事や家事、育児でストレスがたまっているなと思ったら、自分では気づかなくてもストレス臭対策を取り入れた方がよいでしょう。

ここではストレス臭対策に効果的な方法を3つご紹介します。

1. 意識的に深呼吸をする

乱れた自律神経を整える方法はいくつかありますが、一番気軽に取り入れられるのは意識的に深呼吸することです。

ストレスを抱えていると浅い呼吸を繰り返すことになり、酸素が十分に供給されず中枢機能が低下してしまいます。

呼吸は鼻から大きく息を吸い、体の力を抜きながら大きく吐くようにすると酸素が十分に供給され、自律神経も徐々に整ってきます。このとき、呼吸はおなかを膨らますように行う腹式呼吸がベストです。

2. 食生活を見直す

揚げ物や脂身の多い肉、スイーツなどをたくさん食べると脂肪過多になり、毛穴から分泌される皮脂の量も増えてしまいます。

一方、緑黄色野菜などに含まれるビタミンB群には皮脂の過剰分泌を抑えるはたらきがあるので、毎日の食事に積極的に取り入れると良いでしょう。

3. 臭サプリメントを活用する

より手っ取り早くストレス臭を解消したいのなら、消臭サプリメントを取り入れるのがおすすめです。

消臭サプリには昔から防臭・抗菌に用いられてきた柿や茶葉などの天然消臭成分がバランス良く配合されており、体内から直接ニオイ物質にはたらきかけることができます。

1日数粒を水と一緒に飲むだけと手軽なので、日々忙しい毎日を送っている女性にはうってつけのアイテムと言えるでしょう。

Copyright (C)気になるニオイを撃退!体臭サプリメントなび All Rights Reserved.